こんにちは!

身体心理療法家の宮川です。
私のブログに訪問していただきありがとうございます。

前回の「首の痛み・凝りには、揉んだりストレッチしてはいけない理由とは?前編」の続きです。

前回の話では、つらい首の痛み、こりに対して
一般的に行われるアプローチの問題点をお伝えしました。

いかがだったでしょう?

多くの方々のお体を見させていただいている
私の経験からの話になります。

参考にしてみて下さいね。

では、ブログ読者さんへ私から実際に
アドバイスさせていただき、効果があった方法を
お伝えしていこうと思います。

■蒸しタオル血液循環法

硬くなった首や肩に対して、蒸しタオルをあてることで
血液の流れを改善しこりを取り除きます。

温めるのが痛み、こりに良いのは、なんとなくご存じだと
思います。

じゃあ温めれば何でも良いのか?

湯たんぽで良いんじゃない?

お風呂で温まればどう?

カイロをあてれば?

温湿布は駄目なの?

そんな疑問がわいてきますよね。

でも、蒸しタオルじゃないといけない
理由があるんです。

 

■なぜ蒸しタオルが良いのか?

実は、首や肩、顔の筋肉に熱めの蒸しタオルをのせると
熱さで筋肉が逆に緊張します。

ゆるむんじゃなくて、緊張するのです。

筋肉がキュッと短くなって硬くなります。

血管は収縮し、細くなります。

一時的に血液の循環が悪くなります。

しかし、ここからが、蒸しタオルじゃないと
いけない訳です。

蒸しタオルは、いつまでも熱い状態ではありません。

すぐに蒸気と共に、熱が急激に下がっていきます。

この温度の急激な落差が重要です。

どんどんタオルが、冷めてくるにしたがって今度は緩んできます。

キュッとなっていた筋肉と血管がフワ~っとゆるんできます。

そうすると、血管が広がり、血流がぶわ~っと流れます。

この時に、筋肉中にある、疲労物質や老廃物といったものが
押し流されるのです。

そして、タオルが冷えたらまた蒸しタオルを作り
同じように首や肩にのせます。

これを何度が繰り返すと、筋肉のこりを作っていた
疲労物質、老廃物がどんどん流されキレイになります。

 

蒸しタオルを行う度に、

筋肉と血管は、

 

緊張→緩む→緊張→緩む

 

を繰り返し、ポンプ作用で血液や神経の流も
活発になります。

 

結果的に筋肉を硬くしていた原因の疲労物質、老廃物が
排出されやわらかくなって、楽になります。

 

それでは、具体的なやり方です。

■蒸しタオルで、首を実際に温めてみよう!

蒸しタオルを作って、こりや痛みを感じる
首の後ろや肩に当ててください。

 

ステップ1

少し熱めのお湯を用意します。(42~44℃)

・触って少し熱いと思うぐらい。

・やけどに注意してくださいね。

 

ステップ2

タオルをお湯の中に入れます。

 

 ステップ3

タオルをきつく絞ります。

 

ステップ4

リラックスした状態で、しぼったタオルを首(生え際)
または肩に当てます。

(目の疲れが気になる方は、目の上に当てるのもおすすめです)

(いすに座るか、寝た状態でなるべく脱力できると
 良いですね。)

 

ステップ5

しばらく当てておきます。

・当てた直後は熱いかもしれませんが、すぐに
 冷えてきます。

・やけどに注意してください。

 

ステップ5

冷えてきたタオルをもう一度、熱めのお湯に入れて

ステップ1に戻ります。

ステップ1~5までを3回~5回ほど繰り返します。

以上です。

 

なかなか寝られない時にもぜひ行ってもらいたいです。

熱めのお湯を作るのが大変な場合は、電子レンジを
使っても出来ます。

(タオルを濡らして、きつく絞ってラップをかけて、
30秒~1分ほどチンします。)

・やけどに気をつけて下さいね。

 

蒸しタオルを行っていると、だんだん眠くなってくると
思います。

冷えたタオルをのせたままですと、冷え切ってしまいますので
注意して下さいね。

 

実際に行っていただいた読者さんは、首と共に目も楽になったと
おっしゃっていました。

手軽に出来ますので、ぜひ試してみて下さいね。

本日も私のブログをお読みくださり、
ありがとうございました。

記事の感想、今後取り上げて欲しい内容などが
ありましたら気軽にコメントしてくださいね。

またあなたに訪問していただけるのを
心よりお待ちしております。

身体心理療法家:宮川智一

プロフィール | 初めての方へ | 患者さんの声 | 整体の流れ

料金メニュー | 場所・予約方法 | よくある質問 | 整体院コラム

目黒 港区の整体院 白金台カイロ TOP | 症状別 詳細ページ