こんにちは!
身体心理療法家の宮川です。
私のブログに訪問していただきありがとうございます。

自律神経が乱れているかどうかを
調べるための検査法があります。

これをすれば、誰でも簡単に自律神経が
しっかり働いているのか。

それとも乱れているのかが分かります。

とても簡単に自律神経の検査が出来るので
体重や体温を測る感覚で行えます。

■なぜ自律神経のチェックをしなければ
 いけないのか?

多くの病気や不調、自律神経失調症は自律神経の乱れによるものです。

と言う事は、自律神経の乱れをいち早く
知る事は大変有意義な事だと思いますよね。

あなた自身。

そしてあなたの大切なまわりの人の
チェックをして、病気や不調、自律神経失調症の予防に
役立ててください。

本当に簡単に出来るので、
これをやらなかったばっかりに
重い病気にかかったり、なかなか改善しない不調
自律神経失調症になってしまっては後悔します。

ぜひやってみる事をお勧めします。

■自律神経を検査する方法とは?

さまざまな検査方法がありますが、
その中で最も簡単で、誰でも出来、
手間もかからない方法です。

ではその方法とは?

瞳孔を見るというものです。

図や画像がなくて申し訳ないのですが、
瞳孔とは、

簡単に言うと黒目の部分です。

この瞳孔は、

明るところに行くと、小さくなり

暗い所に行くと、大きくなります。

これが正常な反応です。

しかし自律神経が乱れるとこの調節機能に
問題が出ます。

これを見るのです。

●部屋の明かりでチェックしてみよう。

部屋にある蛍光灯やスタンドライトの近くに
行った時に、黒目(瞳孔)がどの様な状態に
なっているかを見ます。

自分自身では見る事が大変なので、
家族や友人、同僚に手伝ってもらいましょう。

では、どの様な変化がみられ、どの様な意味が
あるのでしょう?

①働く神経(交感神経)が過剰になっている場合
 黒目が大きい。(正常な人と比べて)

②休む神経(副交感神経)が過剰になっている場合
 黒目が小さい。(正常な人と比べて)

③重い自律神経の乱れ。いわゆる自律神経失調症。
 黒目が、大きくなったり、小さくなったりを
 繰り返す。

この中で重要なのは、③の重い自律神経の乱れの状態です。
この状態が見られたら、要注意です。

●ペンライトを使ってチェックしてみよう!
 100円ショップで売っているペンライトを使います。

①自律神経は正常
 ペンライトの光を当てると、黒目がいっきに
 小さくなります。
 離すとゆっくり元の大きさに戻ります。

②自律神経が乱れている
 ペンライトの光を当てると、黒目が小さくなろうとします。
 しかし光を当てているにも関わらず、今度は大きくなって 行きます。
 
いかがでしょうか?

瞳孔と自律神経の関係が分かったと思います。

簡単に検査する事が出来ますので、ぜひ定期的に
チェックをお勧めいたします。

本日も私のブログをお読みくださり、
ありがとうございました。

記事の感想、今後取り上げて欲しい内容などが
ありましたら気軽にコメントしてくださいね。

またあなたに訪問していただけるのを
心よりお待ちしております。

身体心理療法家:宮川智一

プロフィール | 初めての方へ | 患者さんの声 | 整体の流れ

料金メニュー | 場所・予約方法 | よくある質問 | 整体院コラム

目黒 港区の整体院 白金台カイロ TOP | 症状別 詳細ページ