こんにちは!
身体心理療法家の宮川です。
私のブログに訪問していただきありがとうございます。

今回は、自律神経失調症・うつ病の改善には
4つのストレスに対しての対策が必要と言う
お話です。

あなたは、ストレスが自律神経失調症・うつ病になる原因の
ひとつだと感じているかもしれません。

仕事が忙しい。

家事、育児で自分の時間が全然ない。

こんなに頑張っているのに、、、

友人が。。夫が。。上司が。。

誰もこの頑張りを認めてくれない。

そうこの精神的ストレスが
自律神経のバランスを乱すことで、
自律神経失調症・うつ病になるのでは無いかと感じている
のではないでしょうか?

しかしストレスは精神的なストレスだけでは
無いのです。

体、心(脳)がストレスと感じるのは他にも
いろいろあります。

ストレス=精神的なもの

と考えてしまうと、
対策に限りが出来てしまいます。

精神的に弱いからあなたは、
自律神経失調症・うつ病になったのでしょうか?

ここではストレスを4つに分けるとによって
実は精神的なストレスへの対処だけでは
不十分であり、確実な対策をするのに
あなたに知っておいて欲しいのです。

では4つのストレスとは何でしょう。

1つ目はもちろん「精神的ストレス」です。

人間関係や他にもあなたが「嫌だなぁ~」
と思うこと全般です。

電車に乗るのが嫌い。ヘビが嫌い。
髪型が決まらない。などなどです。

2つ目は、「構造的ストレス」

これは、体の歪み(背骨や骨盤)や普段の姿勢
長時間のデスクワークなど、体に対してかかって
くるストレスになります。

肩こりや腰痛などでイライラしませんか?
構造的ストレスを受けても脳にストレスが
かかってくるのです。

3つ目は、「科学的ストレス」

かたよった食事などをしていると栄養素の過不足を
まねきます。

そしてある成分。
たとえばコーヒーなどに入っているカフェイン。

これは脳を興奮させ、緊張状態を作ります。
睡眠障害がおきたり、イライラしやすくなります。
他にも薬理効果で、筋肉を固くするなどがあります。

他にも糖分の取りすぎやたばこ、排気ガスなども
科学的ストレスとして、脳や神経にストレスを
与えます。

4つ目は、「温度、湿度のストレス」

暑すぎたり、寒すぎたり。
湿度が高かったり、低かったり。
こんなことでも脳はストレスを受けます。

暑いなぁ~、寒いなぁ~と言いながら
ちょっとイラッとした経験はありませんか?

寒くて湿度が低い空気でノドが痛かったり
咳き込んだりしませんか?
こんな事もストレスとしてあなたは感じているのです。

この4つのストレスに対して、
確実に対策をすることで
問題点がしっかり分かり

うつ病・自律神経失調症の改善が見られます。

逆にこれを知らないでいると、対策が限られ
なかなか治らず、つらい期間が長くなり、
そして、治りにくくなるのです。

■あなたのストレスチェックをしてみよう

では、早速ご自分の問題点をチェックしてみましょう。

1つや2つではないはずです。

分類してチェックする事が改善へのスタートに
なります。

何を改善すれば良いのかが分かれば対策も
立てやすくなりますね。

それでは、まずは気軽にチェックスタート!

①精神的ストレス
(人間関係など、心がつらいと感じる時)

②構造的ストレス
(姿勢が悪い、長時間のデスクワーク、体の歪み)

③科学的ストレス
(食事での栄養の過不足、タバコ、排気ガス)

④温度・湿度のストレス
(暑すぎる、寒すぎる 湿度が高い、低い)

どのストレスの割合が高かったでしょうか?
このように原因を整理するだけで、
対策方法見えてくると思います。

今日は、あなたのストレスをしっかり洗い出して
問題を明確化してみました。
早速やってみてくださいね。

本日も私のブログをお読みくださり、
ありがとうございました。

記事の感想、今後取り上げて欲しい内容などが
ありましたら気軽にコメントしてくださいね。

またあなたに訪問していただけるのを
心よりお待ちしております。

身体心理療法家:宮川智一

プロフィール | 初めての方へ | 患者さんの声 | 整体の流れ

料金メニュー | 場所・予約方法 | よくある質問 | 整体院コラム

目黒 港区の整体院 白金台カイロ TOP | 症状別 詳細ページ