こんにちは。宮川です。 
ご訪問いただきありがとうございます。

今回もブログ読者さんからの質問を紹介したいと思います。

こんにちは。初めて相談させていただきます。
私は36歳女性で、会社員をやっています。
先日初めてブログを拝見し、探していた答えが見つかるかもしれないという希望を持つことができました。
もし何か助言を頂けましたら、とても幸いです。

32歳ころから鬱病となり、現在も治療中ですが、かかりつけの心療内科では「抑うつ状態は回復した」と言われています。
これから先も「経過観察」が続くと思います。残っている症状は「睡眠障害」です。

2年ほど服用している睡眠導入剤がありますが、この3週間でなぜかまったく効かなくなってしまいました。
心療内科の先生に相談したところ、薬の組み合わせをいろいろ変えて処方してくださっていますが、
いまのところ改善せず、睡眠不足でふらふらの毎日です。

自分で自分の体の様子を記録していたので、読み返してみると、首のこり・肩こり・背中のこりが著しいことに気がつきました。
鬱になった時期と、凝りが悪化した時期が同じでした。

いまも首や肩が苦しくて、眠るため横になっても、意識がやわらかくならず、眠りがやってきません。
軽い運動を定期的にしますし、毎日柔軟体操も首のストレッチもしていますが、仕事をしているとまた凝ります。

このまま、良い薬の組み合わせが見つかるのをまてば、眠れるようにはなるかもしれませんが、
この首の苦しさを改善することができないと思います。

宮川先生に診ていただきたいと思ったのですが、関西在住であるため、なかなか出かけることができません。
恐縮ながら、関西で、宮川先生のようなお考えのもとに診断やケアをしてくださる方がいらっしゃいましたら、

お教えいただけないでしょうか。いちど見ていただきたいと思っています。 鬱とは苦しいものですね。
だけど、きっとなおる、なおって幸せになれる、と信じることだけは大事にしようと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

(Kさま)

鬱病(うつ病)の方には必ずと言ってよいほど睡眠になんらかの問題が見られます。
私の多くのうつ病患者さんを見てきた経験から、睡眠障害はうつ病と診断される前から始まっている方がほとんどです。

良質な睡眠が取れないということは、人間本来の自然治癒力が上手く働かないということ。
これは、身体の病気だけではなく、心の病気にも言えることです。

早めに睡眠の問題に気がつき、対処することが、うつ病にまで悪化させない事にもつながります。

「最近、なかなか寝付けなくなったな・・・」
「途中で目が覚める事が多くなったかも。」
「いつもの起きる時間より早めに起きてしまう。」

そんな兆候を見つけた時は、生活習慣を一度見直すことが大切です。

参考:睡眠障害カテゴリー一覧

以下、宮川からの返信です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

Kさん 初めまして、宮川です。ご相談ありがとうございます。

鬱病でご苦労されてきたんですね。 でも今は少し回復されてきているようで、安心しました。
後は、睡眠障害ですね。

早速ですが、ご相談の件の
「関西で、宮川先生のようなお考えのもとに診断やケアをしてくださる方がいらっしゃいましたら、お教えいただけないでしょうか。」
ですが、同じ内容を勉強した方たちが何人かいます。

直接お会いした事が無い先生もいらっしゃったり やり方や考え方などが違うかもしれませんが、
私と同じ内容は学んでいます。

以下のホームページで関西方面の先生が分かると思います。
日本自律神経研究会 全国の認定治療院一覧

他にも不明な事や不安な事があればご連絡下さい。
Kさんの「きっとなおる、なおって幸せになれる」という 想いがあれば、必ず治ると思います。

Kさんの一日も早い改善をお祈りいたします。
今回はご相談いただきありがとうございました。

白金台カイロプラクティック 宮川智一

スポンサーリンク

■その後、Kさんからの返事

Kです。早速のお返事、ありがとうございました。
関西にも幾人かの方がいらっしゃるのですね。

情報を拝見して、どちらに伺うか、考えます。
もし東京へ行くことがあれば、宮川先生に診ていただきたいと思いました。
取り急ぎお礼申し上げます。

 

以下、宮川からの返信です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

Kさん ご連絡ありがとうございます。宮川です。
事情を話した上で、決めてみて下さいね。

 >もし東京へ行くことがあれば、宮川先生に診ていただきたいと思いました。

ありがとうございます。 その時はぜひお寄り下さい。
少しでもお役に立てたようなら良かったです。
それでは、お体ご自愛くださいね。

ご相談ありがとうございました。

宮川智一

ーーーーーーーーーーーーーーー

今回は、ブログ読者さんのKさんから、
抑うつ状態は回復したが、睡眠障害が残っている。
その睡眠障害を改善したいが、どうやらその原因となっているのが
首や肩、背中のこりが関係しているのではないかと気づかれました。

残念ながら、Kさんは関西方面にお住まいとの事で、
私の施術を受けるのが難しい状況です。

そこで、私と同じ知識や技術を学んだ認定治療院をご紹介させて
頂きました。

一日も早いKさんの改善を祈っております。

今回の記事がKさんと同じような症状で悩んでいる方に参考になればと思っております。

首や肩のこりで、眠りにくい方は、こちらの記事を参考にして下さいね。
白金台カイロプラクティク「整体院のコラム」より
首の痛み・凝りには、揉んだりストレッチしてはいけない理由とは?後編

それでは

本日も私のブログをお読みくださり、
ありがとうございました。

記事の感想、今後取り上げて欲しい内容などが
ありましたら気軽にコメントしてくださいね。

またあなたに訪問していただけるのを
心よりお待ちしております。

身体心理療法家:宮川智一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


スポンサーリンク