こんにちは。宮川です。
ご訪問いただきありがとうございます。

ブログ読者さんからの質問を紹介したいと思います。

初めまして。Sと申します。うちは、旦那が長いこと鬱を患っておりまして。
今も精神科に通ってますがなかなか回復しません。

旦那は猫背なので、この猫背が治れば少しでも、
回復するのではないかと思い色々検索していた所に、
先生のブログに辿り着きました。

色々拝見させて頂きとても参考になる事が書いてあったので、
メールでご相談出来ればと思いメール致しました。

たまに整体も通わせているのですが、一度行かなくなると、
なかなかいきにくいようで。

あと、脳のマッサージの事は旦那にもやっていただけたら、
とても効果があるのでは?と思いました。

そちらに通うのはちょっと遠いので、アドバイスなど頂けたらと思います。

なんとか元気になってもらいたい一心での相談です。
どうかよろしくお願いいたします。 (Y.Sさん)

 

旦那さんがうつ病を患っていて、精神科に通っているのになかなか回復しないという
Sさんからのご相談です。
私からのアドバイスが 同じような事で悩んでいる方にも役立てばと思いお伝えします。

以下、宮川からの返信です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

Sさま

こんにちは。
白金台カイロの宮川です。

お問い合わせありがとうございます。

旦那さんが鬱を長いこと患っているとのこと
精神科に通っているのになかなか良くならないとのこと
とても心配だと思います。

旦那さんの詳しい状況がわかりませんので
具体的なことはお伝え出来ませんが、

今あるうつ病にともなう症状がもしあるのなら
猫背を改善する過程で、症状や気分などに変化が
現れる可能性があります。

人は、肉体的にも精神的にも調子が悪い時、
必ずといって良いほど姿勢に現れます。

姿勢が悪いことは、精神的な不調を表している事が
多く、そして姿勢の悪さが、その不調を長引かせて
しまう原因ともなります。

人はネガティブな考えをしている時、すこし
前屈みの姿勢をとります。

背中を丸め、肩をすぼめて、お腹を守るような
状態になります。

これは調子が悪い自分自身を守るために自然に
行う防御姿勢です。

なので、体調が悪い時は、姿勢を丸くして
安心感を得ようとします。

これがあまりに続いてしまうと、胸の圧迫により
呼吸が苦しくなったり、

お腹を圧迫することで、内臓の機能低下につながります。

そうなるとますます具合が悪くなるといったような
悪循環に入ります。

逆に、姿勢が良い状態はどうか?

胸を張って、少し目線をあげて堂々とした姿勢をとると
ネガティブな事を考えたり想像したりが難しくなります。

また、良い姿勢(楽な姿勢)は、呼吸もしやすく、内臓の働きも
良くなります。

 

なので、猫背を改善することで、うつ病による身体症状や
精神的が辛さが緩和するのです。

しかも、背骨には大事な神経が集まっています。
この働きも良くなることで、自律神経のバランスも
整いやすくなり、治癒力や免疫力のアップにつながります。

身体からアプローチするというのは一見遠回りの様な気がしますが
確実に変化を感じやすい事でもあります。

まずは、ご自分で行ってみて、その効果を旦那さんにお伝えする
という流れが一番自然で良いと思います。

 

身体からうつ病・自律神経失調症を改善する方法が
無料レポートに書いてありますので、よろしければ
ご請求下さい。

自律神経失調症・うつ病改善のための具体的な3つの秘訣の案内ページ

旦那さんの一日も早い改善を心からお祈りしております。

この度は、ご相談いただきましてありがとうございました。
不明な点などは、お気軽にご相談いただければと思います。

ご相談ありがとうございました。

宮川智一

スポンサーリンク

家族、恋人、大切な人がうつ病、鬱で苦しんでいる時、どうにかしてあげたいと思います。

しかし、残念ながら本人自らが動くまで見守るしかない場合がほとんどです。
それでも家族としてなにか出来る事があるはずです。

ご本人が少しでも興味を持つような情報を、押し付けるわけではなく、
こんな方法もあるみたいだよと提案にとどめましょう。

どんな提案も、そこにその人を大切に想う気持ちがあり、共感の態度が無ければ
ほとんど受け入れられません。

ましてや鬱状態の時は、アドバイス自体が攻撃されていると感じる場合もあります。
家族の方はそれを心にとめて接してあげてくださいね。

最終的には、ご本人の判断しかありません。
残念ながら。

その上で、大切な人との接し方を考えてみてくださいね。

 

本日も私のブログをお読みくださり、
ありがとうございました。

記事の感想、今後取り上げて欲しい内容などが
ありましたら気軽にコメントしてくださいね。

またあなたに訪問していただけるのを
心よりお待ちしております。

身体心理療法家:宮川智一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


スポンサーリンク