こんにちは。宮川です。 
ご訪問いただきありがとうございます。

今回もブログ読者さんからの
首の右側の痛みと肩の痛み、頭痛を解消したいがどうしたら良いか分からない」という
ご質問を紹介したいと思います。

特にきっかけもなく、首や肩の痛み、頭痛が酷くなり、そのまま治らず
慢性化していくケースがあります。

今回の質問への回答が、首の右側が痛い、肩の痛み、頭痛がなかなか解消しない
お悩みを持つ方の参考となれば幸いです。

以下、読者さんからのご質問です。

昨年の12月から首の右側肩が痛むようになり頭痛も相変わらずあり
絶えず頭に熱感があるので 私も水枕を 二年ほど使用しています。

アイスノンではなく、昔からのゴムで出来ているものです。
今では 仰向けに寝ても横にむくのも痛く、髪を洗う、ものを拾う、
首に意識をしてしっかり支えるつもりで下を向かないと痛み、 肩首がパンパンなんです。

凝りと言う感じがわからず サランラップをパンパンに張った感覚と言うのでしょうか。
母子家庭で子供を二人育てています、絶えず不安・不眠・動悸・立ちくらみ・慢性疲労・風邪気味
そして頭痛。今は首が辛くもうどうしたらいいかわからないです。

(M.Nさん 女性)

 

 痛みというのは、なかなか治らないと不安になるものです。
その不安が、交感神経をより優位にすることで、回復モードにならないばかりか
より痛みが強まるといった悪循環に陥りがちです。

身体と心の知識がないばかりにどうしたら良いか不安ばかりで冷静な対処も
しずらくなります。
そんな時は、我慢せず専門家の力を借りましょう。

では、回答を御覧ください。
同じ悩みを持つ方へ参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

首の右側の痛み、首から肩にかけての痛み、頭痛は首の関節の歪みからくる

以下、宮川からの返信です。

M.Nさん、こんにちは。白金台カイロの宮川です。
メール相談ありがとうございます。

現在の症状としては、強い冷え・首の右側の痛み、首から肩にかけての痛み
頭痛・不眠・動悸・立ちくらみ・慢性疲労・風邪気味とのことですね。

母子家庭でお子さんをお二人も育てているという事で、精神的にも肉体的にも
ご苦労されてきたと思います。

様々な原因は考えられますが、まず、現在の首の右側に出ている痛みが
改善されない限り、楽にはならないと思います。

お悩みの多くの症状の原因は首の関節の歪み(ズレと硬さ)です。
その首の関節の歪みを悪化させないように、自動的に防御反応として
筋肉が緊張し硬くなった事で痛みを感じています。

ある程度の首の関節の歪みや筋肉の硬さは、自己治癒力で治るのですが、
その人自身の自己治癒力が追いつかない場合があります。

結果的に関節の歪みや筋肉の硬さが、神経や血管を圧迫することで、全体的な
神経や体液の循環が下がり、より自己治癒力も低下していきます。

これが、慢性化です。

病院での診察や薬を何か処方されて飲まれているでしょうか?
まずは首の痛みの改善を目指すことが、現在の辛さから逃れるために必要です。
私のレポートが参考になると思いますので、ぜひダウンロードしていただけると幸いです。

無料レポート「自律神経失調症・うつ病改善のための具体的な3つの秘訣

首の痛みや肩の痛みには、こちらの記事も参考にして下さい。
首の痛み・凝りには、揉んだりストレッチしてはいけない理由とは?後編 

まずはレポートを読んでいただき、記事の内容を試して頂いた上で、疑問点ややってみた感想などを
お聞かせいただきながら改善へのアドバイスが出来ればと思います。
よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーー

首や肩、頭痛等の痛みは、症状が出ている場所と関係ない所に原因が
あります。

なので、
首が痛いから、首を揉んだり、ストレッチをする。
肩が痛いから、肩を揉む、ストレッチする、動かす。
頭痛がするから、頭痛薬を飲む。

これでは、その場限りや、逆に悪化させる場合があります。

特に首の問題は、背骨や骨盤といった全体のバランスをしっかり
考えた上で治療しなくてはいけません。

首の痛みは主に、背中の背骨(胸椎)に問題がある場合が、経験的に分かっています。
背骨の治療によって、症状は治まり回復していくのですが、
本当はこれだけでもいけません。

なぜ背骨や骨盤に問題が起きたのかをその人の生活習慣から探って
本当の根本原因を突き止めます。

大抵は、日常の座っている姿勢や寝ている姿勢に問題があります。
ここは一人一人その人にあったアドバイスが必要になります。

まずは、無料レポートやブログ記事を参考に、痛みを出来るだけ軽減し
回復準備を整えましょう。

細かい点は、メール相談などで個別にアドバイスをさせて頂きます。
詳しい具体的な情報をお聞かせ頂ければと思います。

それでは

本日も私のブログをお読みくださり、
ありがとうございました。

記事の感想、今後取り上げて欲しい内容などが
ありましたら気軽にコメントしてくださいね。

またあなたに訪問していただけるのを
心よりお待ちしております。

身体心理療法家:宮川智一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


スポンサーリンク