こんにちは!
身体心理療法家の宮川です。
私のブログに訪問していただきありがとうございます。

偶然に、ブログ読者さんからと、整体院の患者さんから

「悪夢でしっかり寝れないので調子が悪く、つらい」

との相談を受けました。

同じタイミングで2人の方から相談を受けたという事は
同じ悩みを持たれている方が他にもたくさんいると
思います。

本日の記事を参考にしていただいて、改善への
一歩を踏み出して下さい。

なぜ、悪夢を見ない方が良いのか?

悪夢を見るという事は、睡眠が浅い状態と言えます。

睡眠が浅いと、体力も回復しない為、自律神経失調症・うつ病の改善自体も
遅くなります。

悪夢を見なくするという事は、良質な睡眠を得ることに
つながるわけですね。

この方法を知らない事で、いつまでも悪夢を見続け
浅い睡眠によって、精神的にも肉体的にも消耗し
自律神経失調症・うつ病が悪化する事も考えられます。

しかし、この方法を実践する事で、質の良い睡眠が
得られます。

良質な睡眠は、脳や神経を休ませ、自律神経のバランスを
改善させます。

結果、こころとからだが回復していく事になります。

 

悪夢を見ない為の7つの方法とは?

悪夢を見ない為にする事があります。

と、その前に。

悪夢を見る原因となるものはなんでしょう?

以下にご紹介します。

1.精神的なストレス

  心配事や不安なこと。
  良くあるのが将来に対する漠然とした不安ですね。

2.辛い食べ物

  唐辛子のカプサイシンなどの刺激物は、交感神経を
  興奮させ、眠りを浅くします。

3.高脂肪の食事、砂糖

  肉の脂やバター、甘いお菓子などは、
  消化や吸収がしずらく、内臓に負担をかけます。
  お肉をたくさん食べた翌朝に体がだるいという経験
  された方も多いと思います。

4.アルコール

  少量なら問題が無いものの摂取しすぎると
  眠りが浅くなります。
  脳への直接的な化学変化が起こるのが理由です。

5.睡眠導入剤 抗うつ剤

  薬によっては 副作用の項目に書いてあるケースもあります。
  私の患者さんの中でも薬を止めた事で、悪夢が具体的な物から
  抽象的な物になり、そのうち見なくなりました。

6.たばこ

  たばこの害は皆さんご存じだと思います。
  たばこを吸うとリラックスする気がしますが
  これも交感神経を緊張させます。

7.病気

  慢性疲労症候群や無呼吸症候群
  風邪によっても悪夢を見やすくなります。

  専門医の診断が必要な事もあれば、
  セルフケアなどで改善可能な物も多くあります。

以上7つが悪夢の原因になります。

あなたはいくつ当てはまりますか?

気付いた方もいらっしゃると思いますが、
自律神経失調症・うつ病の原因も不眠症の原因も悪夢の原因も
共通しています。

これらの原因を無くす事が、自律神経失調症・うつ病の改善につながる
事にもなります。

覚えておきましょうね。

参考記事:自律神経失調症の改善には、4つのストレス対策が重要!

ここまで悪夢の原因を説明させていただきました。

さて、「悪夢を見ない為の7つの方法」とは何か?

そう、この7つの原因を無くす事が悪夢を見ない為にあなたがする事です。

整体の世界でも、肩こりや腰痛、頭痛を治す時に、最高の治療を
したとしても戻ってしまう事があります。

これは、その症状の原因が残っている為に、再発してしまうのです。

良い習慣(治療)を入れるより、原因である悪い習慣をのぞいた方が
改善が早いし、根本的に良くなる方法です。

例えば、汚い水が入った水槽をきれいにする場合、

汚い水の入った水槽の中に、一生懸命きれいな水を注ぎ込んでも
なかなかきれいになりません。

それならいっそうの事、汚い水を捨ててから(原因を無くしてから)

きれいな水(治療やセルフケア)を注いだ方が良いのです。

まずは、今あなたがかかえている原因をしっかり認識して
取り除くことが、一番の改善方法です。

スポンサーリンク

悪夢を見ない為にあなたが行う具体的なステップ

それでは一緒にあなたの悪夢の原因を見つけて行きましょう。

●ステップ1

 紙とペンを用意します。

●ステップ2

 そこに、悪夢を見る7つの原因を書き込みます。

 1.精神的なストレス
 
 2.辛い食べ物

 3.高脂肪の食事、砂糖

 4.アルコール

 5.睡眠導入剤 抗うつ剤

 6.たばこ

 7.病気

●ステップ3

 その7つの原因の下に、あなたが思い当たる物を
 書き込んで行きましょう。

●ステップ4

 書き込んだ物に、○ △ □ をつけて行きます。

 ○は、今すぐ止める事が出来るもの

 △は、時間はかかるが、改善可能なもの
    (1週間~3週間で改善可能なもの)

 □は、今すぐには難しいもの
    (1ヶ月~3カ月で改善可能なもの)

●ステップ5

 ○のついたものは、今すぐ止めましょう。

 △のついたものは、1週間~3週間の期限を決めて
 止めて行きましょう。
 改善可能な期限も書いておきましょう。

 □のついたものは、今の段階ではまだ難しいかも
 しれません。
 しかし、○と△を止めた時に、□が止められるものが
 出て来ます。
 それでも改善できないものに関しては、今後のブログ記事や
 直接私にご相談下さい。

ステップ6

 書いた紙を日頃よく見える場所に貼っておきます。

ステップ7
 
 1週間止める事が出来たものに×をつけて下さい。

ステップ8

 ×をつけるたびに、「私は、えらい!」と笑顔で
 自分を褒めてあげて下さい。
 声に出して言って下さいね。

以上が具体的なステップになります。

×でどんどん悪い習慣が消えていくたびにあたなは
悪夢を見なくなるとともに、自律神経失調症・うつ病の改善に近づいて
行きます。

体調もどんどん良くなってくるので、これがあなたにとっての
自信につながります。

具体的にやる事がわかれば、あなたは出来る人です。

ただ方法が分からなかっただけなんですね。

無理せず、不安があれば気軽にコメントかメッセージを
下さいね。
精一杯フォローさせていただきます。

■まとめ

悪夢を見るのは原因があります。

その原因を取り除くことが悪夢を見なくする方法。

その原因を具体的に知る必要があなたにはある。

そしてその原因を無くしていく事が、悪夢を見なくする
事になるとともに、自律神経失調症・うつ病や不眠症の改善につながる。

■今すぐやってみよう

まずは○のついたものを1つ選んで下さい。

そこに力強く×をつけて、「私は、えらい!」と
満面の笑みを浮かべて言って下さい。
声に出して言うと満点です。

まずはここからがスタートです。

あなたならきっと出来るはずです。

応援しています。

本日も私のブログをお読みくださり、
ありがとうございました。

記事の感想、今後取り上げて欲しい内容などが
ありましたら気軽にコメントしてくださいね。

またあなたに訪問していただけるのを
心よりお待ちしております。

身体心理療法家:宮川智一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


スポンサーリンク